今すぐ一括査定する!

廃車買取の達人TOP > 自動車解体 > 中古パーツ

中古パーツ使わなくなった自動車は、専門の廃車業者に依頼しましょう。

中古パーツとリビルト品の違いとは?

自動車のリサイクル品といっても種類はさまざま。おおまかに分けると中古パーツとリビルト品の2種類に分けられます。リサイクル品を利用する前に、それぞれ何が違うのか確認しておきましょう。

  • 中古パーツ
    2005年1月から施行された自動車リサイクル法も手伝ってか、リサイクル品への抵抗がなくなり、さらに注目を集めそうな中古パーツ。中古パーツとは、廃車から使える部品を取り外して商品化されたもの。洗浄や、安全に利用できる部品かチェックもされて販売されています。中古パーツはリサイクル品の90%弱を占めるもの。中古パーツの中でも、ボンネット、ドアのような外装パーツが約半数を占めます。その他では約40%がエンジンのような機能部品。10%がスクーターのような電装部品です。

  • リビルト品(またはリンク品)
    リビルト品とは、故障した部品で、主に消耗している部分や、故障している部分を新品と交換して再生した商品です。新品の自動車部品より、安く手に入れることができます。
    リビルト品の中で、ドライブシャフト(回転軸)、ターボチャージャー(過給機)、エンジン、AT(自動変速機)、ステアリングラック(操舵装置の一部)などの機能部品が70%。その他では、オルタネーター(交流発電機)、スクーター、エアコンのコンプレッサー(圧縮機)などの電装部品が20%、外装部品は10%以下です。

中古パーツを手に入れるには

解体の工程で出た中古パーツは、国内で販売されるか、海外へ輸出されます。主に国内の場合は、整備業者・解体業者間での販売と、一般の方への販売に分けられます。

中古パーツは、中古パーツ販売店だけでなく、中古タイヤ専門店でも取り扱われることがあるため、一般の方でも簡単に手に入れることができます。

中古パーツは、旧来の中古車人気や新車の車齢が延びたことから注目をあび、多く一般の方へ流通してきました。特に中古パーツの強みといえば、断然価格の安さ。その上、基本的に純正部品であるため、信頼性が高いことが上げられます。

関連リンク



一括査定はこちら

おかげさまでご利用者数50万人突破!大好評の一括査定はこちらから!

コンテンツ

よくある質問集

廃車実績紹介

95,000円

クラウン

トヨタ

平成12年

不明

50,000円

525

BMW

平成7年

119000k

50,000円

シビック

ホンダ

平成12年

8万km

廃車事例はこちら

廃車業者無料登録